トップ

住まいの暑さ問題

住まいを考えるハナシ

住まいの暑さ対策について

最近の住宅は断熱材やペアガラスなどを使用して、暑さや寒さを防御できるようになっていますが、夏場はエアコンを使用して室内を快適な温度にしないとくつろげない住宅が多いです。住まいの暑さ対策として行う場所は部屋の窓といわれており、室内から厚めのカーテンやブラインドを閉めて遮熱を行う事で暑さを緩和することができるのですが、デメリットとして光が入らないので室内が暗くなってしまいます。その為、明るく快適な住まいの空間にする為にはガラスに遮熱フィルムを張ることが最適ですが、難しい場合はレースカーテンを閉めるだけでも少しですが遮熱の効果を得ることができると言われています。

住まいの暑さ対策は室外に施す

住まいの暑さ対策にはいくつかの方法がありますが、太陽の直射日光を遮るために、窓によしずやすだれ、シェードやオーニングを取り付ける方法が有効になります。しかも、日よけは室内に取り付けるよりも、室外に取り付ける方がより日差しを遮ることができ、室内の温度差は5度から7度といわれています。最近では、住まいのベランダや窓、外壁などにグリーンカーテンを作る方も増えているようです。ゴーヤやへちまなどの植物を育てながら、暑さ対策としてもとても効果があり、年々気温が上昇していますので、始められてはいかがでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 住まいを考えるハナシ. All rights reserved.